プロミス審査の流れはどのようになってるのか?必要書類や在籍確認は?

初めてキャッシングをする場合、どのような流れになっているのか多くの人は知らないと思います。プロミスは大手消費者金融で人気も高く、初めて借入をする人が多いのが特徴です。

 

審査時間は申込み方法によって、変わってきますし、融資に関しても契約方法によって当日に借りれる締め切り時間も違うのです。
初めて借入する人に、プロミス申込みから借入までの審査の流れを分かり易く説明いたします。

1.プロミスへの申込み

スマホで申込みしている女性画像

プロミスへの申込み方法はいくつかあります。インターネット以外にもフリーコール、来店、自動契約機へ来店などがありますが、おすすめはインターネットからの申込みです。
インターネットからの申込みは24時間365日いつでも申込みが可能になっているので、いつでもどこでも、パソコンやスマートフォン、携帯電話から申込みができるので非常に便利です!

 

しかし、一刻でも早く借りたい!と思っている人は、直接店舗へ来店するか、無人店へ来店することをおすすめします。電話やインターネットからよりも来店で申込みから審査をした方が早く、契約もその場でできるので借入までがかなり早くなります。

プロミス申込の種類
  • WEB申込<<おすすめ!>>
  • 電話申込
  • 郵送申込
  • 店頭窓口来店申込
  • 自動契約機来店申込
ほとんどの人はWEB申込一択でOK!?

申込の種類は上記にある5種類ですが、あまり深く考えることなく、WEB申込一択でOKです!今のカードローンのほとんどの申込はWEBからの申込になっています。まだインターネットが普及する前の消費者金融では対面融資が基本的でした。電話やFAXで申込した後に、来店してお金を借りる方法です。

 

しかし、ネット社会の今では、対面融資を行っている消費者金融はごく一部消費者金融だけです。インターネットからのWEB申込は借りる方も貸す側も手間がかからず、早くて圧倒的に便利なのです。

 

プロミスバナー

プロミスのお申込みは公式サイトから⇒

 

注目申込み種類別のメリットとデメリット

WEB申込

正解付男性画像

【メリット】
WEB申込のメリットは、24時間いつでも申込が可能な点、そして申込にかかる時間が圧倒的に少なく、早い点です。来店申込や電話申込は営業時間内でなければ申込ができません。WEB申込はフォームに入力して送信するだけで申込完了となり、朝でも深夜でも申込が可能になっています。電話や店頭で申込に比べ、WEB上で申込入力をするので、時間も他に比べると早いです。

 

不正解男性画像

【デメリット】
WEB申込のデメリットはほとんどありませんが、来店申込や電話申込では申込項目で分からない点があれば、直接その場で聞くことができますが、WEB申込ではその場で聞けないことがデメリットとも言えます。申込入力で不備があった場合、審査が止まる場合があり、申込者と連絡が取れなければ最悪そのまま断わられるケースもあります。WEB申込は一方的な申込なので、その後の連絡対応が非常に重要になるのです。そして、インターネットを介しての申込になりますので、高齢者などの年配層は申込に抵抗があるかもしれません。

 

電話申込

正解付男性画像

【メリット】
フリーダイヤルからの電話申込はオペレーターと直接話しながらの申込になりますので、WEB申込の時に出る入力不備が無く、正確に申込ができるメリットがあります。また、パソコンやスマートフォンを使いこなせない高齢者には、電話申込の方が結果的に早い時間で申込完了する場合もあります。また、こちらからの質問点などをその場で直接聞けるので安心して申込ができます。

 

不正解男性画像

【デメリット】
電話申込のデメリットは、WEBに比べて時間がかかる点です。オペレーターと話して、氏名から始まり、生年月日、住所、勤務先などを口頭で伝えていきます。当然漢字も説明しなければならないので、早くても30分~40分時間はかかるでしょう。また、会話することで思った以上に疲れます(笑)申込が長くなれば電話と接触している耳も痛くなるでしょう。

 

店頭窓口・自動契約機来店申込

正解付男性画像

【メリット】
店頭窓口での申込は、申込完了後にすぐに審査へ移行するので、融資を受けるスピードが圧倒的に早いです。WEB申込の場合、審査の順番は申込順なのですが、来店の場合はWEBよりも優先して審査をしてくれます。また、プロミスであればお客様サービスプラザで対面での申込になりますので、審査中での確認事項などはその場で聞かれるため、審査結果もWEBよりも早く出る場合が多いです。自動契約機もカメラが付いていますので、来店での申込とほぼ同じです。タッチパネルでの申込になり、不明点があれば備え付けの電話でいつでも聞くことができます。

 

不正解男性画像

【デメリット】
店頭に来店することは、人に見られる可能性があります。借金は知られたくない人が大部分なので、ほとんどの人は来店での申込に抵抗をもっています。また、もし仮に来店申込して審査に通らなければ来店した意味もなくなります。そのため、WEBで申込して審査通過後に来店してお金を借りる方が圧倒的に良い方法です。自動契約機も同じことが言えます。

注目申込みに必要な書類とは?

プロミスへの申込みに必要な書類は、運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、健康保険証またはパスポートをご用意ください) ※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。 ※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。 ※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。

プロミスへの申込には本人確認書類が必要になります。優先順位としては、顔写真がある身分証になりますので、運転免許証→パスポートの順です。免許証かパスポートどちらも無い人に関しては、健康保険証と住民票が必要になります。

 

注意点として、健康保険証のみでは申込ができない点です。また、現住所と免許証または住民票住所に相違がある場合は、居住している証明として公共料金の領収証(電力・水道・ガス・NHK発行のもの)か、納税証明書・社会保険料の領収証などの6ヶ月以内のコピーが必要になります。

注目申込に収入証明書は必要なのか?

紙と鉛筆のイラスト画像

収入証明書が必要なケースは、借入(希望)額が50万円を超える場合または、他の貸金業者と今回の借入の合算が100万円を超える場合は、貸金業法上、カードローン会社は顧客より収入証明書(源泉徴収票・所得証明書など)を取得しなければなりません。

 

なので逆に言えば、プロミスから50万円以下で借りて、尚且つ、他のカードローンの残高合計と合わせて100万円以下であれば収入証明書は原則不要になります。

2.申込完了後、審査へ。最短は審査結果まで30分!?

プロミス審査の流れ画像

申込が完了後は、審査に移ります。プロミスではどんな内容を審査しているのか?詳しくはプロミス審査・申込前の最終チェック項目トップに書いてありますが、今の消費者金融審査はスコアリングシステムによって、金利・限度額が決められています。

 

スコアリングの審査とは、住居、居住年数、勤務先、結婚の有無、子供の有無、年収、役職、勤続年数、他社借入件数、借入残元金などを点数化して、スコアの点数によって限度額などが決まるシステムです。トップページでも書いてることですが、スコアリングシステムが主流になってますが、審査の大部分は信用情報で決まってしまうと言っても過言ではありません。

 

いくら一部上場会社に20年勤務していて、年収が1,500万円以上あったとしても、信用情報に事故情報(異動情報)が登録されていれば、審査に通ることはありません。それほど消費者金融審査における信用情報の重要性は高くなっているのです。

 

どんなに属性が良くても一発で落ちる事故情報はこれ!
延滞 支払日から3ヶ月以上延滞した時点で登録。延滞解消しても延滞解消の事故情報が残ります。延滞解消してから5年間は消えません。
債務整理 弁護士・司法書士へ債務整理を依頼し、貸金業者に受任通知が届いた時点で登録されます。
特定調停 簡易裁判所に特定調停申立てして、貸金業者が申立てを確認した時点で登録されます。
個人再生 地方裁判所から個人再生開始決定通知が貸金業者に届いた時点または、申立てを確認した時点で登録されます。
自己破産 地方裁判所から自己破産申立通知が届いた時点または、申立てを確認した時点で登録されます。
法的債権回収 貸金業者より、債権回収のために訴訟や支払督促を申立てした時点で登録されます。

注目プロミスの審査時間は本当に最短で30分なの?

プロミスの審査時間は最短30分と書いてありますが、これはあくまで「最短」の場合です。申込が多い日であれば、30分で審査結果が来ない場合は充分に考えられます。審査は余裕をもって1時間程度はかかると思っておきましょう。

 

審査を早くするために、申込入力の間違いはご法度ですし、プロミス担当者から連絡が入るかもしれませんので、携帯はいつも気にしておくことが重要と言えます。仮に審査担当者から質問事項があって、連絡しているのに返信がなければ、その間審査は止まってしますのでタイムロスになってしまいます。
あくまで最短30分はスムーズに審査が進んだ場合だと思っておいた方が良いでしょう。

 

プロミス審査の流れで重要な在籍確認ってどんな確認?

在籍確認する女性オペレーター画像

在籍確認とは、申告した会社や自宅に本当に勤務しているのか?住んでいるのか?実際に電話をかけて確認する方法です。今は携帯電話が普及しているので自宅の固定電話を設置している人が少なくなっています。自宅に固定電話が無ければ、自宅への在籍確認はありません。携帯電話と勤務先だけになります。

 

在籍確認のメインは勤務先です。本当は退職しているのに借りたいがために退職したことを隠して申込してくる人。無職だと借りられないと知って、全く働いたことも無い会社を勤務先として申告してくる人など、いろいろな人がいますが、それらは在籍確認である程度分かることができます。

 

確認の方法は至ってシンプルで、働いてる会社へ審査担当者が個人名で電話をします。名前は偽名を使いますが、この名前で電話してほしいというリクエストがあれば、審査担当者へ伝えれば、OKしてくれる場合もあります。

 

具体的な在籍確認の流れ

 

高橋と申しますが、〇〇さん(申込者の苗字)はいらっしゃいますか?


 

○○(申込者の苗字)は今外出しており不在です。どのようなご用件でしたでしょうか?


 

そうですか。ではまた改めて連絡いたします。失礼します。


一般的な在籍確認はこれでOKです。本人が出なくても、働いていることを確認できれば在籍確認は取れたことになります。しかし、在籍確認が取れない場合も多々あります。

 

電話での在籍確認が取れない場合の例1

 

高橋と申しますが、〇〇さん(申込者の苗字)はいらっしゃいますか?


 

どこの部署か分かりますか?


 

部署は聞いてないので分からないのですが....○○○○さん(フルネーム)では分かりませんでしょうか?


 

申訳ありませんが、弊社は部署が分からなければ電話での取次ができません。部署か内線番号が必要になります。申訳ございません。


上記は部署か内線番号が分からなければ、会社が大きすぎて代表電話では在籍が確認できないケースです。この場合、審査担当者から申込者へ連絡をし、部署または、内線番号を聞いて、再度在籍確認の電話をすることになります。

 

もし直通電話があるならば、申込の勤務先電話番号は在籍確認が取れる電話番号を書くべきです。代表番号で申告すれば、そこに在籍確認の電話が行くことになるので、2度手間になってしまいます。

電話での在籍確認が取れない場合の例2

 

高橋と申しますが、〇〇さん(申込者の苗字)はいらっしゃいますか?


 

どちらの高橋様でしょうか?


 

知り合いの高橋なんですけど、電話の取次ぎはできませんか?


 

申訳ありませんが、知り合いであれば直接携帯へお願いします。


上記のケースも在籍確認は取れていません。働いてるということが分からないからです。このような場合は、申込者へ連絡とり、実際に取引先で連絡がある会社名で掛けなおすか、本人が直接出てもらうことになります。

 

電話での在籍確認で審査落ちする例

 

高橋と申しますが、〇〇さん(申込者の苗字)はいらっしゃいますか?


 

○○(申込者の苗字)は先週で退職しました。


在籍確認でよるある事例は、本当は会社を退職しているのに、嘘をついて申込してくるケースです。このような場合は退職したと分かった時点で、虚偽申告をしていますので、仮に真実を話してアルバイトをしていたとしても、審査は断りになる可能性が高いでしょう。あくまで信用で融資をしますので、嘘が分かった時点で融資はなくなります。

 

プロミスバナー

プロミスの詳細はこちら⇒

 

3.プロミス契約方法

契約説明をしている男女

審査通過したら、契約となりますが、プロミスには契約方法もいつくかあります。

  • 必要書類をメールでご送付いただく、Web契約
  • 店頭窓口・自動契約機(無人店)への来店での契約
  • 自宅へ契約書類等を郵送する郵送契約

契約方法は上記の3通りです。インターネットから申込みして、即日融資を受けたい人はWEB契約が一番便利です。WEB契約であれば店頭窓口に来店する必要もなく、必要書類をメールで送付することから手続きは早いです。

 

しかし、Web契約の場合、必要書類を携帯電話のカメラやスキャナなどで画像化し、指定のメールアドレスにご送付いただくか、スマートフォンアプリを利用しご送付することになる為、そのような操作が苦手な人やお年寄りの方には向いていないかもしれません。

 

WEB契約以外では店頭窓口又は自動契約機(無人店)への来店での契約があります。来店契約が一番早い方法とも言えますが、来店しなければならないのがデメリットになります。もう一つの郵送契約は来店せずに契約が可能ですが、郵送されるのにある程度日数が必要になります。

 

その為、即日融資を受けたい人や、借入を家族にばれたくない人などは郵送契約はあまり向いていません。以上のことより、極力契約はWEB契約がおすすめとなります(WEB契約でもカードと契約書類が自宅へ郵送されますが、郵送契約は数回書類の郵送があるのに比べWEB契約では1回限りの郵送になっています)。
WEB契約を平日14時までに完了すれば即日振込融資が可能になっていますので、非常に便利です。

注目契約別に見るメリットとデメリット

WEB契約

正解付男性画像

【メリット】
最も主流で人気がある申込み方法がWEB契約です。WEB契約は、スマートフォンやパソコン、タブレットなどからインターネット上で申込をし、WEB上で契約まで完了する方法です。この方法のメリットは来店不要で借入ができる点になります。仕事中で忙しくても必要書類はメールで送付すればOK!平日14時までにWEB契約が完了すれば、銀行口座に即日振込融資を受けられます。

 

不正解男性画像

【デメリット】
WEB契約のデメリットは、即日融資の締め切り時間が平日14時までになっている点と、カード発行不要にしなければ、自宅にカードが郵送されることです。当日にWEB契約で即日融資を受けるには、14時までに契約完了が条件となっている為、午後に申込みした場合、振込での即日融資は間に合わない場合があります。また、カードが自宅に送られることで、家族や配偶者に借入が知られてしまう可能性があります。※WEB契約で返済を口座振替にし、カード不要を選択すれば自宅への郵送はありませんが、カードを使って借入・返済ができません。

 

店頭窓口・自動契約機

正解付男性画像

【メリット】
店頭窓口・自動契約へ来店するメリットは、圧倒的に借入までの時間が早い点と、自宅に書類が届かない点になります。店頭窓口でも自動契約機でもその場でカードと契約書控えを受け取ることができますので、併設のATMよりすぐに借入ができます!

 

不正解男性画像

【デメリット】
デメリットはやはり来店しなければならないことです。消費者金融では借入に対し抵抗を持っている人が多く、店頭には絶対に行きたくない!と思っている人はかなり多いのです。
まだそれだけ消費者金融のイメージがあまり良くない証拠とも言えます。

4.プロミスから借入

借入をした女性画像

プロミスからの借入方法は契約方法によって変わってきます。WEB契約の方であれば、契約内容をご確認後、お振込みで融資を受けられます。店頭窓口や無人店での契約の場合は、その場で借入が可能です。(無人契約機の場合はカード発行されますので、そのカードより併設のATMから出金できます。)

 

郵送の場合はプロミスにて必要書類を受領後、ご利用可能となります。

 

注目自宅に郵送物なしで借りたい人はWEB完結か来店契約で!

プロミスからの郵送物をなしで借りたい人は、WEB完結でカード発行不要で契約するか、店頭窓口(お客様サービスプラザ)か自動契約機(無人店)で契約をすれば自宅への郵便物は一切ありません。一番楽なのはWEB完結での契約です。しかし、WEB完結は返済を口座振替にして、カード発行不要の選択をするので、ローンカードが手元にありません。

 

カードは後日発行することも可能ですが、カードを使って提携ATM等で返済をしたいという人は、自動契約機へ行くことをおすすめします。インターネットから申込して審査通過後に行けば、約30分程度で契約終了し、カードがその場で発行されます。そのカードを使って併設のATMから出金すればOKです。自宅へは何も郵送物は来ません。

 

WEB完結でカード不要を選択しない場合、カードだけは自宅へ郵送されてしまいます。家族や配偶者にバレたくない人は、一旦カード不要で契約し、後日自動契約機へ行き、カード発行してもらう方法が安全でしょう。


プロミス審査の流れまとめ

プロミスの申込みから借入までの流れを説明しました。文字にすると難しい印象やめんどくさい印象を受けるかもしれませんが、実際に申込みから借入までは非常に簡単になっています。不明な点があればオペレーターが丁寧親切に教えてくれるので、余程の事が無い限り迷うことは無いでしょう。

 

プロミスの特徴・メリットは審査時間が早く、即日融資対応している点以外にも、メールアドレス登録とWEB明細利用登録で30日間無利息になることです!30日間無利息とは借入から30日間は利息が一切発生せず、金利は0円となります。

 

プロミスの利息は利用日数ごとの日割り計算となっていますので、短期ご利用の方ならば、銀行カードローンで借りるよりもプロミスで借りた方が利息負担は少なくなります!上手に無利息サービスを利用することがプロミスを最大限に活用できる方法とも言えるのです。

 

当サイトはプロミス公式サイトと提携してますので安心してお申込みできます!

プロミスのお申込みは公式サイトから⇒