プロミス審査流れ

プロミス審査の流れ

男性イラスト画像

初めてキャッシングをする場合、どのような流れになっているのか多くの人は知らないと思います。プロミスは大手消費者金融で人気も高く、初めて借入をする人が多いのが特徴です。

 

審査時間は申込み方法によって、変わってきますし、融資に関しても契約方法によって当日に借りれる締め切り時間も違うのです。
初めて借入する人に、プロミス申込みから借入までの審査の流れを分かり易く説明いたします。

1.プロミスへの申込み

スマホで申込みしている女性画像

プロミスへの申込み方法はいくつかあります。インターネット以外にもフリーコール、来店、自動契約機へ来店などがありますが、おすすめはインターネットからの申込みです。
インターネットからの申込みは24時間365日いつでも申込みが可能になっているので、いつでもどこでも、パソコンやスマートフォン、携帯電話から申込みができるので非常に便利です!

 

しかし、一刻でも早く借りたい!と思っている人は、直接店舗へ来店するか、無人店へ来店することをおすすめします。電話やインターネットからよりも来店で申込みから審査をした方が早く、契約もその場でできるので借入までがかなり早くなります。

 

注目申込みに必要な書類とは?

紙と鉛筆のイラスト画像

プロミスへの申込みに必要な書類は、運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、健康保険証またはパスポートをご用意ください) ※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。 ※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。 ※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。

3.プロミス契約方法

契約説明をしている男女

審査通過したら、契約となりますが、プロミスには契約方法もいつくかあります。

  • 必要書類をメールでご送付いただく、Web契約
  • 店頭窓口・自動契約機(無人店)への来店での契約
  • 自宅へ契約書類等を郵送する郵送契約

契約方法は上記の3通りです。インターネットから申込みして、即日融資を受けたい人はWEB契約が一番便利です。WEB契約であれば店頭窓口に来店する必要もなく、必要書類をメールで送付することから手続きは早いです。

 

しかし、Web契約の場合、必要書類を携帯電話のカメラやスキャナなどで画像化し、指定のメールアドレスにご送付いただくか、スマートフォンアプリを利用しご送付することになる為、そのような操作が苦手な人やお年寄りの方には向いていないかもしれません。

 

WEB契約以外では店頭窓口又は自動契約機(無人店)への来店での契約があります。来店契約が一番早い方法とも言えますが、来店しなければならないのがデメリットになります。もう一つの郵送契約は来店せずに契約が可能ですが、郵送されるのにある程度日数が必要になります。

 

その為、即日融資を受けたい人や、借入を家族にばれたくない人などは郵送契約はあまり向いていません。以上のことより、極力契約はWEB契約がおすすめとなります(WEB契約でもカードと契約書類が自宅へ郵送されますが、郵送契約は数回書類の郵送があるのに比べWEB契約では1回限りの郵送になっています)。
WEB契約を平日14時までに完了すれば即日振込融資が可能になっていますので、非常に便利です。

注目契約別に見るメリットとデメリット

WEB契約

正解付男性画像

【メリット】
最も主流で人気がある申込み方法がWEB契約です。WEB契約は、スマートフォンやパソコン、タブレットなどからインターネット上で申込をし、WEB上で契約まで完了する方法です。この方法のメリットは来店不要で借入ができる点になります。仕事中で忙しくても必要書類はメールで送付すればOK!平日14時までにWEB契約が完了すれば、銀行口座に即日振込融資を受けられます。

 

不正解男性画像

【デメリット】
WEB契約のデメリットは、即日融資の締め切り時間が平日14時までになっている点と、自宅にカードと契約書類が郵送されることです。当日にWEB契約で即日融資を受けるには、14時までに契約完了が条件となっている為、午後に申込みした場合、振込での即日融資は間に合わない場合があります。また、カードと契約書類が自宅に送られることで、家族や配偶者に借入が知られてしまう可能性があります。

 

店頭窓口・自動契約機

正解付男性画像

【メリット】
店頭窓口・自動契約へ来店するメリットは、圧倒的に借入までの時間が早い点と、自宅に書類が届かない点になります。店頭窓口でも自動契約機でもその場でカードと契約書控えを受け取ることができますので、併設のATMよりすぐに借入ができます!

 

不正解男性画像

【デメリット】
デメリットはやはり来店しなければならないことです。消費者金融では借入に対し抵抗を持っている人が多く、店頭には絶対に行きたくない!と思っている人はかなり多いのです。
まだそれだけ消費者金融のイメージがあまり良くない証拠とも言えます。

4.プロミスから借入

借入をした女性画像

プロミスからの借入方法は契約方法によって変わってきます。WEB契約の方であれば、契約内容をご確認後、お振込みで融資を受けられます。店頭窓口や無人店での契約の場合は、その場で借入が可能です。(無人契約機の場合はカード発行されますので、そのカードより併設のATMから出金できます。)

 

郵送の場合はプロミスにて必要書類を受領後、ご利用可能となります。

 

注目銀行振込で借入した場合はカードと契約書類が郵送されます!

びっくりしている男性画像

初回の契約後に銀行振込で借入をした場合は、カードと契約書類の控えが自宅へ郵送されます。主にWEB契約をした人が中心となりますが、自宅へカードや契約書類を郵送されたくない人は極力、店頭窓口もしくは、自動契約機で契約することをおすすめいたします。
店頭窓口も自動契約機もその場でカード発行と契約書類控えの受け取りができますので、自宅に郵送されることはありません。銀行振込で融資を受けたけれど、どうしても「自宅に郵便物を送ってほしくない!」と言う人は、すぐにプロミスへ連絡して相談してみましょう。
銀行振込で借入しても、後日店頭窓口または、自動契約機へ行ってカードと契約書類を受け取れば自宅への郵送をしなくても良いケースがあります。(※必ずしもその方法が可能とは言えませんので、融資前から郵送に関して相談することをおすすめします。)


プロミス審査の流れまとめ

流れのまとめを説明している男性画像

プロミスの申込みから借入までの流れを説明しました。文字にすると難しい印象やめんどくさい印象を受けるかもしれませんが、実際に申込みから借入までは非常に簡単になっています。不明な点があればオペレーターが丁寧親切に教えてくれるので、余程の事が無い限り迷うことは無いでしょう。

 

プロミスの特徴・メリットは審査時間が早く、即日融資対応している点以外にも、メールアドレス登録とWEB明細利用登録で30日間無利息になることです!30日間無利息とは借入から30日間は利息が一切発生せず、金利は0円となります。

 

プロミスの利息は利用日数ごとの日割り計算となっていますので、短期ご利用の方ならば、銀行カードローンで借りるよりもプロミスで借りた方が利息負担は少なくなります!上手に無利息サービスを利用することがプロミスを最大限に活用できる方法とも言えるのです。

当サイトはプロミス公式サイトと提携してますので安心してお申込みできます!

20110516追加 728*90

プロミスのお申込みは公式サイトから⇒