プロミス審査

プロミス審査・申込み前の最終チェック項目!

キャッシング・カードローンで借りようと思った時、真っ先に思いつくのはプロミスやアコムなどの大手消費者金融だと思います。特にプロミスは多くのテレビCMや広告などで毎日のように目にすることもあって、ほとんどの人が知っている人気のキャッシングローンです。

 

しかし、全ての人がプロミスに申込みして借りられるわけではありません。プロミスには審査があり、その審査条件を満たさなければ融資を受けることはできないのです。では、プロミスの審査条件とは?プロミスへ審査・申込みする前に当サイトで内容の最終チェックをしてみましょう!

 

プロミスの審査で大切な事!申し込み前にチェック!

プロミスの申込み条件、審査に必要な書類は確認しましたか?次は、プロミス審査において大切なことを説明します。普通に考えれば当たり前のことですが、意外とできない人も多いのが現実なのです(汗)

申込み内容は真実の内容を書くこと!

まず、申込みにおいて、居住年数や、勤続年数、年収など「属性」と呼ばれることは全て本当の内容を入力しましょう。プロミスの審査で、居住年数や勤続年数、年収などが多ければそれだけ審査に通りやすくなることは事実ですが、嘘の内容を書けば虚偽申告として即、審査は否決となります。

 

キャッシング・カードローンで最も重要なのは、その人の「信用」です。初めて融資する人には、その信用が分からない為、どうしても年収や勤務先の会社規模、勤務年数などの内容でしか調べることができません。しかし、そこで嘘の内容を書いてしまえば、一番重要な「信用」は無くなり、信用が無い人には当然融資することはできません。申込み内容はあくまで本当のことを入力するようにしましょう。

当日振込融資なら平日14時までにWEB契約が条件!

プロミスは最短で即日(当日)振込融資が可能です。しかし、申込みの当日に銀行振込で借入をするには条件があります。

 

その条件とは、「平日14時までにWEB契約完了」が条件となっています。即日融資は自分名義の銀行口座にプロミスから振込で融資をしてもらう方法です。当然、銀行振込には締め切り時間がありますので、夕方の5時に申込みしても、その日に振込で融資を受けることはできません(店舗へ来店や無人契約機へ行けば融資は可能です)。

 

その為、申込みした当日に振込で融資を希望するのであれば、最低でも午前中にはインターネット等から申込みしておく必要があるのです。

50万円を超える借入、他社と合わせ100万円を超える借入は収入証明が必要です!

貸金業法では、貸金業者から50万円を超える借入又は、他の貸金業者と合わせた借入が100万円を超える場合は、必ず収入証明書の取得が義務付けられています。その為、プロミスでも、50万円を超える借入を希望する場合や、他の消費者金融(銀行融資は除く)の借入と今回の借入希望額合計が100万円を超える場合は必ず収入証明書が必要になるのです。

 

しかし反対に、借入希望額が50万円以下、そして他の消費者金融の借入と今回借入希望額の合計が100万円以下の場合は原則収入証明書は必要ありません。※借りえローン等でも50万円以下なら収入証明書は不要です。

携帯電話やメールアドレスは正確に入力すること!

消費者金融の審査で意外に多いのが、審査は通過しているものの、本人と連絡が取れずに断りとなってしまうケースです。そのほとんどは、自分の携帯電話番号を間違えて入力していたり、連絡用メールアドレスが違っている場合がほとんどです。

 

プロミス審査でも当然、本人と連絡が取れなければ審査通過はできません。特に携帯電話番号や、連絡先用メールアドレスは正確に入力するようにしましょう。

在籍確認は取れるようにしておく!

消費者金融の審査では在籍確認と呼ばれるものがあります。在籍確認とは、自宅や勤務先に個人名で電話をして、実際に住んでいるのか、働いているのか確認することです。

 

自宅に固定電話が無ければ、かかってきませんが、勤務先への在籍確認は基本的に取られると思っておいた方が良いでしょう。ここで大切なことは、在籍確認が取れるようにしておくことが、審査に通過するポイントとなることです。
在籍確認は審査担当者の個人名などで会社にかかってきますが、よくあることを以下にまとめてみます。

勤務先の在籍確認が取れない場合の事例
  • 会社の規模が大きく、部署名や専用番号でなければ自分を知っている人間がいない。そのような時は、必ずプロミスへ自分が在籍していることが分かる部署名や専用電話番号を教えておきましょう。
  • 営業で外出が多い人などは、働いているのか、今現在辞めているのか電話口の人間によって分かりにくいので、今日の戻り時間などを伝えておいて、在籍の電話が入った時、分かり易くしておく。
  • 現場作業員で毎日現場が違う人の場合、事務員が出勤しているのか把握していない場合があるので、そのよう場合の対処をしておく。

このように在籍確認は電話に出た人の対応で取れるか、取れないかが変わってきます。内勤等で電話に出られる人は、極力自分で在籍の電話を取った方がスムーズに審査が進みます。

 

プロミスのローンの種類【商品説明】

フリーキャッシング

フリーキャッシングなら、最大500万円までのご利用限度額内で出し入れ自由。担保も保証人も不要のキャッシング。「運転免許証」などの本人確認書類をご用意いただければ、その場で審査、その場でキャッシングが可能です。
プロミスのフリーキャッシングは、主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込み可能です。

貸金業法に基づくおまとめローン

ひとつにまとめて計画的なご返済を!複数あるローンをひとつにまとめることで、お客さまの毎月のご負担が軽減されます。月々のご返済計画を見直し、お客さまに最適な返済プランをご提案いたします。

自営者カードローン

自営者カードローンは最大で300万円までのご利用限度額で、自営者の皆さまを応援します。必要なときだからこそ、スピード審査で当日中のご融資を可能にします。ご融資枠を作っておけば、急な資金が必要なときも安心です。

目的ローン

教育資金や結婚資金など使い道が決まっている方へ、さまざまな用途にご利用いただけます。

プロミスの審査・申込み条件

お申込みいただける方の条件は、年齢20〜69歳のご本人に安定した収入のある方です。
主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

お申込みに必要なもの

フリーキャッシングをお申込みいただく際には本人確認書類が必要となります。印鑑や保証人、担保は不要です。

本人確認書類

審査・申込みに必要なもの
※「運転免許証」をお持ちでない方は、「健康保険証」または「パスポート」をご用意ください。
※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせてご用意ください。

上記書類に記載された自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる方

現在お住まいの自宅住所が記載されている以下のいずれかの書類(発行日から6ヶ月以内のもの)のコピーをあわせてご用意ください。

  • 国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書または請求書
  • 公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

収入証明書

  • ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
  • ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま

上記条件に該当する方は、次の書類の中から1点をご用意ください。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

プロミスの商品内容

ご融資額

500万円まで

ご契約額

お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、プロミスが決定した金額

金利適用方式

単一金利

借入利率

4.5%〜17.8%(実質年率)
※新規契約の方が対象となります。

遅延利率

20.0%(実質年率)

返済方式

残高スライド元利定額返済方式

ご返済期日

5日、15日、25日、末日の中から、お客さまのご都合にあわせてお選びいただけます。
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替によるご返済を希望される場合、ご返済期日は5日となります。

ご返済期間・ご返済回数

最終借入後原則最長6年9ヶ月・1〜80回

お申込みいただける方

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。

資金使途

生計費に限ります。
(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります)

担保・保証人

不要

 

プロミスポイントサービス申込みで30日間無利息サービス!

プロミス
キャッシング 06 120*120

プロミスは金利(実質年率)4.5%〜17.8%、限度額は1〜500万円で消費者金融トップのスペックを誇ります。審査時間は最短で30分のスピード審査で、平日14時までにWEB契約完了で最短即日融資も可能!最大の特徴はプロミスポイントサービス申込みにより、30日間無利息サービス有!
30日間は利息が一切かからない為、金利0%で借入することができます。1〜2か月の短期しか利用しない人であれば、銀行カードローンよりもプロミスで30日間無利息サービスで契約した方が利息は低く借りれます。安心・安全・スピードを兼ね備えたNo.1キャッシングカードです。

金利(実質年率) 限度額 審査時間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分